最終追い切り

G3プロキオンステークス2015☆1週前追い切り!有力馬の追い切りは…

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回は7月12日に開催されるG3プロキオンステークスの1週前追い切り好タイム馬の紹介です。

プロキオンステークス・1週前追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
7/1  栗坂 52.6-12.7 一杯

1週前栗坂52.6-12.7一杯。不良馬場でもしっかりとした動きで好タイムを記録。普段は攻め駆けする馬ではないが、今回は良い時計を記録、気配はかなり良さそう。1400mでは2戦して2勝。昨年のG3ユニコーンSではコーリンベリーに差をつけて勝利していて通用する力あり。左回りも得意で期待十分。

人気ブログランキングへ→2
7/1  栗坂 54.0-12.2 一杯

1週前栗坂54.0-12.2一杯。全体時計は54.0と特別速くないが終いでは12.2と抜群の脚。今回斤量は59キロと厳しいが、Jpn1南部杯1着、フェブラリーS3着など実績は今メンバーでもトップクラスで当然無視できない存在。南部杯&フェブラリーSでは最終追い切り53秒半~12秒半。今週これくらいの時計が出せれば非常に怖い存在になりそう。

アドマイヤサガス
7/1 栗坂 51.3-12.3 一杯

1週前栗坂51.3-12.3一杯。栗坂全体4番時計の破格の好タイムを記録。終いも12.3としっかりとした動き。1週前追い切りの動きだけなら今メンバーで1番。実績は他メンバーに劣るが、今週の最終追い切りでもう一本良い追い切りを見せることができれば面白い存在になりそう。

エアハリファ
7/1  栗CW 69.7-11.8 馬なり

栗CW69.7-11.8馬なり。全体時計は速くないが、大外を回って終い11.8を馬なりで記録。オープンで4勝、3走前には人気ブログランキングへ→2にも勝利しているし実力は文句なし。今回休み明けだが、前々走は5ヶ月の休み明けで2着、前走は2ヶ月半の休み明けで勝利していて心配無用。前々走G3武蔵野Sでは最終追い切り栗坂52.8-12.4一杯、前走G3根岸Sでは54.7-12.1一杯。最終追い切りでこれに近い時計を出すことができれば信頼できそう。

[sc:+α 中団 通常 ]
コーリンベリー
6/24 栗CW(97.7-81.6)67.1-12.4 馬なり
7/1  栗CW(83.7)68.0-12.0 一杯

2週前栗CW(97.7-81.6)67.1-12.4馬なり。1週前栗CW(83.7)68.0-12.0一杯。特別速い時計ではないが、しっかりと追い切りされている点は好印象。現在2連勝中で勢いもあり。前走は最終追い切り栗坂51.9-12.7馬なりで勝利。今回もこれくらい動ければ有力の存在になりそう。

グレープブランデー
7/2  栗坂 52.9-12.6 一杯

1週前栗坂栗坂52.9-12.6一杯。馬場が悪い中しっかりとした動きで好タイムを記録。2013年のフェブラリーS後は不振が続いていたが、2走前の2015年フェブラリーSでは11番人気4着と復調の気配も見せている。現時点で仕上がりは良いし、今週の動き次第では無視できない存在になりそう。

アドマイヤロイヤル
7/2  栗坂 52.6-13.1 一杯

1週前栗坂52.6-13.1一杯。全体的に時計がかかっていた栗坂で好タイムを記録。プロキオンSは3年連続出走中。昨年は14着と敗れはしたが、12年には2着、13年には1着と好走していて得意舞台。今年行われた根岸Sでも15番人気ながら3着と好走。追い切りの動きも良いし、今回当然無視できない存在。

ヴィクトリースター
7/2  栗坂 52.8-12.5 強目

1週前栗坂52.8-12.5強目。上記の馬たちと比べると時計は見劣りしてしまうが、1週前のあの馬場でこれだけ動けたら十分。今回間隔が空いている分、最終追い切りでもう一本良い追い切りが見たいところ。七夕賞でも出走登録しているがこちらの馬も注意しておきたい。

キョウワダッフィー
7/1  栗坂 55.6-12.9 一杯

1週前栗坂55.6-12.9一杯。昨年の今レースでは2着と好走。その時の1週前追い切りは栗坂53.1-12.3一杯。馬場の影響もあるが1週前の動きは少し物足りない感じ。昨年の最終追い切りは栗坂54.8-12.1強目。コース適性は文句ないし、今週これくらいの時計を出すことができれば期待できそう。

ワイドバッハ
7/1  栗坂 54.0-12.5 一杯

1週前栗坂54.0-12.5一杯。良い動きで終い12.5と好タイム。現時点で良い気配。1400mでは掲示板を外したのは15走中1回のみと距離適性は高い。注意しておきたい存在。

現時点では上記のようになりました。ただ最終追い切りで評価が変動しそうな馬が多数。今週の最終追い切りではコース&時計に要注目です。
[sc:+α 下段 ]