G3CBC賞☆最終追い切り!更新・不良馬場でも好タイム馬多数!

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回は本日行われたG3CBC賞の最終追い切り好タイム馬の紹介です。
※7/2 更新

CBC賞・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
6/24 栗坂 52.3-12.0 一杯
7/1  栗坂 53.3-12.3 一杯

今週栗坂53.3-12.3一杯。不良馬場の中、今回も一杯に追い切って終い12.3と好タイムを記録。2週連続一杯で追い切りできるあたり非常に調子は良さそうで、1週前&最終追い切りの動きは前走よりも良くなっている印象。1200mの重賞でも2着2回と好成績、休み明けも心配なし。力関係が楽になる今回非常に有力な存在。

人気ブログランキングへ→2
6/24 栗坂 51.4-12.0 一杯
7/1  栗坂 54.2-12.0 馬なり

今週栗坂54.2-12.0馬なり。全体時計は派手な時計ではないが終い12.0を馬なりで記録、不良馬場でのこの時計は評価すべき。1週前に栗坂を一杯で追い切りされて好タイムを記録、気配はかなり良い感じ。いつもかなり良い時計を出してくる馬で通用する力は十分、重賞のここでもやれるはず。今回かなり良い状態で出走できそう。

ウリウリ
6/24 栗坂 53.0-12.0 強目
7/1  栗CW 67.3-11.9 一杯

今週栗CW67.3-11.9一杯。全体時計は特別速くないが、終いで11.9の好タイムを記録。前走は最終追い切り栗CW67.2-11.9馬なりで勝利、今回は一杯での時計だが、馬場も悪いし気にする必要はなし。様々な展開に対応できる脚質で、牝馬でも通用する可能性は多いにあり。こちらも期待できそう仕上がり。

ベルルミエール
6/25 栗CW 69.3-11.3 馬なり
7/2  栗CW   -11.2 馬なり

今週栗CWで上がり重点のの追い切り。終いで11.2を馬なりで記録するなど素晴らしい伸び。1週前は栗CW69.3-11.3馬なり。この栗CW終い11秒前半は中々見ることのできない時計で、当然評価すべき時計。毎回好タイムを記録してくる馬だが、今回の終いの動きは今まで以上の印象。仕上がり良好でこれは怖い存在になった。

[sc:+α 中団 通常 ]

トーホウアマポーラ
6/25 栗CW(83.5)66.5-11.9 馬なり
7/2  栗CW(84.9)67.4-11.8 馬なり

今週栗CW(84.9)67.4-11.8馬なり。外目を周回して終い11.8を馬なりで記録するなど良い動き。昨年の勝ち馬で適性などは文句なしだが、昨年勝利したときは最終追い切り栗坂。前走高松宮記念から栗CW追い切りに変えてきたのは少し気になるところ。ただ動きをみても良い状態なのは間違いないしやはり侮れない。

ワキノブレイヴ
6/24 栗CW(82.4)64.8-12.1 馬なり
7/1  栗坂 53.8-13.0 馬なり

今週栗坂53.8-13.0馬なり。時計は速くないが上々の動き。1週前に栗CW(82.4)64.8-12.1馬なりの好タイムを記録していて気配は良さそう。今回の動き、特に1週前の動きはいつもとは一味違う印象。鞍上も武豊騎手の予定で注意しておく必要あり。

ベルカント ←出走取消
6/18 栗坂 52.1-12.2 一杯
6/28 栗坂 61.7-14.2 馬なり
7/1  栗坂 53.8-12.2 馬なり


今週栗坂53.8-12.2馬なり。栗坂で終い12.2を馬なりで記録するなど素晴らしい動き。こちらも2014年のスプリンターズSで10番人気5着と好走しているしここで通用してもおかしくない。仕上がり良好で注意すべき一頭に。

ベステゲシェンク
6/24 南W 66.8-13.0 馬なり
7/2  南W 69.8-13.0 馬なり

今週南W69.8-13.0馬なり。動きは悪くないが、全体or終いどちらかでもう少し速い時計が欲しかった印象。ただ1週前は南W66.8-13.0馬なりと良い動きを見せていたし注意はしておきたい。

レオパルディナ
※1週前追い切り情報なし。
7/1  栗坂 53.3-12.0 馬なり

今週栗坂53.3-12.0馬なり。馬なりで全体&終い共に好タイムを記録。間隔が少し空いていて1週前追い切りの情報がないのは気になるところだが、今週の動きは実績馬にも劣らない良い動き。注意しておきたい。

レッドオーヴァル
6/24 栗坂 52.6-12.5 一杯
7/1  栗CW 70.5-12.6 馬なり

今週栗CW栗CW70.5-12.6馬なり。馬場が悪かったとは言え今週は時計的にもイマイチな印象。CBC賞では過去最終追い切り栗CWよりも栗坂の方が好成績、そして普段は最終追い切り栗坂の馬だが今回は栗CWでの追い切り。今回これがどう出るか。ただ2014年のスプリンターズSでは3着に入るなど実績では上位、軸にするのは少し物足りないが無視はできない。

ニンジャ
6/24 栗坂 52.8-12.5 馬なり
7/1  栗坂 53.7-12.6 強目

今週栗坂53.7-12.6強目。馬場が悪い中上々の動き。昨年のCBCでは3着と好走していて注意は必要だが、昨年は1週前栗坂51.8-12.3強目、最終追い切り栗坂53.5-12.1馬なりと2週続けてかなりの好タイムを記録していた。これを考えると昨年が良すぎただけに今回仕上がりは少し劣る印象。ただコース適性はもちろんあるし押さえてはおきたい。

タガノブルグ
6/24 栗坂 54.4-13.7 一杯
7/1  栗坂 52.0-12.5 強目

今週栗坂52.0-12.5強目。今週は全体&終いでかなりの好タイムを記録。1週前の動きはイマイチだったが、今週のこの動きで一変すれば面白くなりそう。オッズ次第では押さえておきたい。

不良・重馬場でも好タイム馬が多数!非常に面白いレースになりそうです。
[sc:+α 下段 ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^