G1宝塚記念☆有力馬・過去の最終追い切り分析!

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
24・25日は宝塚記念の最終追い切りの日です!今回は宝塚記念出走予定の有力馬の過去の最終追い切りについて軽く分析していきたいと思います。
※今回紹介した過去の最終追い切りコースと今回の最終追い切りコースは異なる事も考えられますのでご注意下さい。

G1宝塚記念・追い切り分析

【宝塚記念2015:現時点での追い切り】
6/10 栗坂 53.6-12.9 馬なり
6/17 栗CW(94.9-78.1)64.2-12.7 一杯

【天皇賞春2015:1着時追い切り】
1週前:栗CW(95.4-80.7)65.8-13.2 馬なり
最 終:栗坂 53.3-12.8 強目

【宝塚記念2014:1着時追い切り】
1週前:栗CW(97.5-81.8)67.0-12.4 強目
最 終:栗坂 53.5-12.2 馬なり

注目はやはり3連覇がかかっている人気ブログランキングへ→1。宝塚記念2014&天皇賞春2015と比較すると今回の1週前追い切りではかなりの好タイムを記録しているのがわかる。勝利したいずれのレースも最終追い切りは栗坂だった。今回も最終追い切りはおそらく栗坂だろう。時計的には53秒前半-12秒前半~中くらい出せれば問題なく力を出し切れる仕上がりと言えそう。

【宝塚記念2015:現時点での追い切り】
6/10 南W(85.6)69.4-12.9 馬なり
6/17 南W(81.1)65.9-13.4 強目

【中山記念2015:1着時追い切り】
2週前:南W(80.5)65.5-13.0 一杯
1週前:南W(81.7)65.9-13.7 一杯
最 終:南W(84.1)67.5-12.6 馬なり

中山記念ではロゴタイプ・イスラボニータの有力馬を撃破した人気ブログランキングへ→2。牡馬相手の今回でも通用する可能性は多いにあり。現時点での追い切りでは1週前に南Wで前走中山記念を上回る時計を記録。前走では2週前にも好タイムを記録していた点も注意したいが、休み明けのレースだったし今回は気にする必要なし。今回かなりの強力メンバー相手でもう一本全体時計で速い時計が見たいところ。時計的には5F65秒台-12秒台くらい出せれば怖い存在になりそう。

トーホウジャッカル

【宝塚記念2015:現時点での追い切り】
6/4  栗坂 51.7-12.8 一杯
6/17 栗坂 51.7-12.8 一杯

【菊花賞2014:1着時追い切り】
1週前:栗坂 51.7-13.1 一杯
最 終:栗坂 54.7-11.9 強目

菊花賞での追い切りは上記の通りで1週前に栗坂51秒台、最終追い切りでは栗坂終い11秒台とかなりの好タイムを記録していた。今回も4日&17日に栗坂51秒台を記録、現時点で気配はかなり良さそう。最終追い切りで11秒台を出すことができれば文句なしだが、中々見られない時計だし、栗坂終い12秒前半くらいの脚を見せられれば面白くなりそう。

ショウナンパンドラ

【宝塚記念2015:現時点での追い切り】
6/17 栗坂 53.5-11.9 一杯

【秋華賞2014:1着時追い切り】
1週前:栗坂 52.9-11.8 一杯
最 終:栗坂 54.5-12.4 馬なり

秋華賞勝利時は1週前に栗坂終い11.8と猛烈な脚を披露。今回の1週前追い切りでも実は栗坂11.9と当時を思い出させる動き。最終追い切りでは秋華賞時くらいの時計を出せれば十分。当日はそんなに人気もしなさそうだし、これは面白い一頭になりそう。

[sc:+α 中団 通常 ]
デニムアンドルビー

【宝塚記念2015:現時点での追い切り】
6/17 栗CW(86.0)68.1-11.7 馬なり

【阪神大賞典2015:2着時追い切り】
1週前:栗CW 71.2-11.7 強目
最 終:栗CW(81.0)65.9-12.0 馬なり

阪神大賞典では人気ブログランキングへ→1に1馬身・1/4の0.2秒差と好走。この時も1週前追い切りで栗CW11.7の好タイムを記録、今回は6Fから追い切っての終い11.7と状態はさらに良い感じ。最終追い切り栗CWならば5F65秒台-12秒前半くらいを出せれば無視できない存在になりそう。

カレンミロティック

【宝塚記念2015:現時点での追い切り】
6/17 栗坂 52.6-12.9 一杯

【宝塚記念2014:2着時追い切り】
1週前:なし
最 終:栗坂 51.5-12.4 一杯

【天皇賞春2015:3着時追い切り】
1週前:栗CW(84.4)69.3-12.5 強目
最 終:栗坂 52.9-13.1 一杯

今回は天皇賞時の栗CWとは違う1週前追い切り栗坂。時計的には天皇賞春の最終追い切り時よりも好タイムで気配は良さそう。最終追い切りでは宝塚記念2014と同じくらいの栗坂51秒-12秒前半~中くらい出すことができれば文句なしだが、天皇賞春ぐらい動ければ力は出せそう。

ラキシス

【宝塚記念2015:現時点での追い切り】
6/10 栗CW(84.2)67.8-11.9 馬なり
6/17 栗CW 68.8-11.8 一杯

【大阪杯2015:1着時追い切り】
1週前:栗CW(84.2)67.8-11.9 馬なり
最 終:栗CW(84.2)67.4-12.0 一杯

大阪杯ではあのキズナを超える上がり最速の脚で見事勝利。前走と比べると少し全体時計は遅いが終い11秒台を記録していて気配は上々。最終追い切りで大阪杯くらいの時計を出せれば評価を上げる必要あり。

ワンアンドオンリー

【宝塚記念2015:現時点での追い切り】
6/10 栗坂 55.0-13.1 馬なり
6/17 栗坂 54.5-13.1 一杯

【ダービー2015:現時点での追い切り】
1週前:栗坂 53.6-13.4 強目
最 終:栗坂 52.2-13.3 一杯

あまり攻め駆けする馬ではないが、勝利したダービーの最終追い切りでは栗坂全体52秒前半の好タイムを記録していた。1週前では一杯に追い切りしてダービー時の1週前に時計は届かなかった。現時点では強調できないが、最終追い切りでダービーと同じくらいの栗坂52秒前半-13秒前半くらいを出せれば見直す必要がありそう。

ラブリーデイ

【宝塚記念2015:現時点での追い切り】
※1週前追い切りはなし。

【中山金杯2015:1着時追い切り】
最終:栗坂 52.3-12.6 強目

【京都記念2015:1着時追い切り】
最終:栗坂 53.4-12.4 一杯

【鳴尾記念2015:1着時追い切り】
最終:栗CW  -12.2 一杯

前走は栗CWで上がり重点の追い切りで勝利。今週の最終追い切りのコースはわからないが好走した上記通りの時計が出せれば注意すべき存在になりそう。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^