G2京都新聞杯☆1週前&最終追い切り!

スポンサーリンク
[sc:好調教+αで狙え大万馬券!! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回は5月9日に開催されるG2京都新聞杯の1週前&最終追い切り好タイム馬の紹介です。

G2京都新聞杯・1週前&最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

◎人気ブログランキングへ→1
4/16 栗CW(80.1)65.2-12.0 一杯
4/24 栗CW(78.2)63.3-12.4 一杯
5/6  栗CW(86.2)70.0-11.6 強目

16.24.6日と栗CWで6Fからの追い切り。特に24日の追い切りは全体時計63.3と破格の時計で終いも12.4と最後までしっかりとした動き。今週も上がり11.6を記録するなど気配はかなり良い感じ。前走は感冒の影響で出走取消にはなったが、今回追い切り本数も多く負荷もしっかりとかけられていて心配する必要はなさそう、要注意。 →登録除外

人気ブログランキングへ→2
5/6 栗坂 52.3-13.1 馬なり

今回中2週で1週前追い切りは時計を出して来なかったが、今週栗坂全体52.3と好タイムを記録。終いは13.1と少し時計がかかったが馬なりでの追い切りで心配なし。前走の皐月賞では最後思ったほど伸びなかったが、2走前のG3毎日杯では上がり最速で2着と好走。末脚は素晴らしいものを持っているし、距離延長もプラスに出そう。こちらも警戒すべき存在。

リベレーター
4/30 栗CW(83.5)66.8-12.1 G前
5/6  栗CW(81.2)65.2-12.4 馬なり

先週、今週と栗CWで6Fからの追い切り。今週の時計は馬なりながら全体&上がりで好タイムを記録。新馬戦では2着と敗れはしたが相手はあのリアルスティール相手では仕方がない。その後の未勝利戦ではしっかりと勝利しているし、まだまだ底を見せていない面白い存在。追い切りの動きから見ても通用してもおかしくない。

トーセンバジル
4/29 栗CW(82.2)65.7-12.2 一杯
5/6  栗CW(83.7)67.5-11.9 一杯

こちらも2週続けて栗CW6Fからの追い切り。先週は5F全体65.7、今週は上がり11.9と好タイムを記録。休み明けだが一杯に追い切りされていて気配はいい感じ。京都2000mで2着の経験もあり、適性も心配なしで無視できない。

[sc:+α 中団 ]

アルバートドック
4/29 栗CW(99.2-83.0)67.1-12.0 一杯
5/6  栗CW(83.4)68.4-13.1 一杯

今週の時計は速くはなかったが、先週は栗CW7Fから追い切って上がり12.0と良い動きを見せていた。前走の毎日杯では4着と敗れはしたが、勝ち馬とは0.1秒差と力を見せた。2走前に2400mで勝利しているし距離的には問題なさそう。通用する力は十分で注意。

グリュイエール
4/29 栗CW(82.6)66.0-12.0 馬なり
5/6  栗CW 67.8-12.4 強目

今週の追い切りは速い時計ではなかったが先週に栗CW(82.6)66.0-12.0の好タイムを記録、気配は悪くない。京都コースも(1.1.0.2)と好成績で注意。 →登録除外

サトノラーゼン
4/29 栗坂 64.6-14.6 馬なり
5/6 栗CW   -12.5 一杯

中2週の為か強い追い切りはしてこなかった。これがどう出るかわからないが、過去の成績は安定していて、京都の未勝利戦では、先日G2青葉賞で勝利したレーヴミストラルに勝利している。素質は十分で注意が必要。

シュヴァルグラン
4/29 栗CW(82.3)67.8-12.4 一杯
5/6  栗CW(82.6)67.2-12.8 一杯

2週続けて栗CWでの追い切り。時計は速くはないが2週とも一杯で追い切りできるあたり調子は良さそう。前走G3毎日杯では右肩跛行での取消後のレースながら勝ち馬と0.3秒差と好走。今回叩き2戦目で調子は上がっているはずで無視できない。

スピリッツミノル
4/29 栗CW(82.5)66.2-12.6 強目
5/6  栗CW(82.3)66.7-12.5 G前

先週、今週と派手な時計ではないが上々の好タイムを記録。前走皐月賞ではいつもの逃げの競馬ではなく、前目でのレースだった。今回京都コースで逃げることができれば面白くなるかもしれない。

スワーヴジョージ
4/29 栗CW(82.0)66.3-12.1 一杯
5/6  栗CW(97.1-81.2)66.8-12.2 一杯

2週続けて一杯での追い切り、先週は6Fから、今週は7Fからとしっかり負荷もかけられている点は評価したい。京都コースの対応が鍵となりそう。

ポルトドートウィユ
4/29 栗坂 54.9-13.0 強目
5/6  栗坂 54.3-12.6 強目

2週続けて栗坂での追い切り。2着と好走したG3きさらぎ賞は1週前に栗坂51秒台を出していていた。今回時計的には強調しづらいがここでは力上位で当然無視はできない。

レントラー
5/6  栗CW(79.5)64.6-13.5 馬なり

今週栗CW(79.5)64.6-13.5馬なり。全体時計は64.6と好タイムを記録してきたが上がり13.5は少し時計を要した。ただ動き自体は悪くないし押さえてはおきたいところ。

一昨年にはキズナも勝利している今レース。ダービーの前哨戦の今レース、面白いレースになりそうです。
[sc:+α 下段 ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^