G1天皇賞春☆最終追い切り!~4月30日更新~

DSC00660
スポンサーリンク
[sc:好調教+αで狙え大万馬券!! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回は本日行われたG1天皇賞春の最終追い切り情報です。

G1天皇賞春・1週前&最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
4/22 栗坂 51.1-12.7 一杯
4/29 栗坂 54.9-12.4 強目

1週前に栗坂51.1-12.7一杯の栗坂全体3番時計の好タイムを記録。今週はいつも通り栗坂で上がり重点の追い切り。時計も12.4と良い動き。しっかりとした動きで好調維持。着実に力をつけてきていて、G1のここでも通用しても何らおかしくない。期待できそうな仕上がり。

人気ブログランキングへ→2
4/22 栗CW(97.7-81.8)65.3-12.1 一杯
4/29 栗CW(84.5)68.1-11.7 馬なり

1週前は7Fから、今週は6Fからの追い切り。5F全体時計は68.1と速い時計は出して来なかったが、上がり11.7を馬なりで記録。終いでしっかりと伸びていて好印象。前走は大差をつけられての3着、今回状態も上がってきて非常に面白くなりそう。

フーラブライド
4/22 栗CW(80.1)64.3-11.7 一杯
4/29 栗CW(80.7)65.5-12.5 馬なり

1週前に栗CW(80.1)64.3-11.7一杯の好タイムを記録。今週も栗CW(80.7)65.5-12.5馬なりと2週続けて好タイムを記録してきた。前走は勝ち馬に1.2秒差をつけられて5着と敗れはしたが、2走前の日経新春杯では京都コースで人気ブログランキングへ→1に0.1秒差の2着と好走しているし通用する力はありそう、好気配で無視できない。

ゴールドシップ
4/22 栗CW(95.4-80.7)65.8-13.2馬なり
4/29 栗坂 53.3-12.8 強目

1週前栗CW(95.4-80.7)65.8-13.2馬なり。今週は栗坂53.3-12.8強目。いつもと比べると時計的には速くはなかったが、強目でしっかりと動けていて特に心配する必要はなさそう。天皇賞春では良い成績が出ていないが、やはり無視することはできない。

スズカデヴィアス
4/22 栗坂 51.4-12.5 一杯
4/30 栗坂 52.7-12.6 強目

1週前に自己ベストに迫る栗坂51.4-12.5一杯の好タイムを記録。今週も強目で出走メンバー中1番の好時計を記録。気配はかなり良い感じ。逃げが活きる展開になれば怖い存在に。

デニムアンドルビー
4/22 栗CW(83.7)67.2-11.9 G前
4/29 栗CW(86.7)68.8-12.1 馬なり

今週は栗CW(86.7)68.8-12.1馬なり。前走の阪神大賞典の最終:栗CW(81.0)65.9-12.0馬なりに比べると時計的には少し劣るが、1週前に大外を回って上がり11.9を記録しているし調子は変わらず良さそう。叩き2戦目で注意しておく必要がありそう。

[sc:+α 中団 ] ▲キズナ
4/22 栗CW(81.5)66.3-12.1 強目
4/29 栗坂 53.5-13.0 一杯

1週前栗CW(81.5)66.3-12.1強目。今週は栗坂53.5-13.0一杯。一杯でこの時計はこの馬にしては平凡な時計。1週前に上々の好タイムを記録していて気配は特別悪いとは言えないが、絶好調とは言えない感じ。ただ実績は十分でさすがに無視はできない。

ウインバリアシオン
4/22 栗CW(83.8)68.1-12.0 馬なり
4/29 栗坂 54.1-13.1 強目

今週栗坂54.1-13.1強目。普段はほとんど最終追い切り栗CWでの追い切りだが、今回は栗坂での追い切り。時計的には少し強調しづらいか。ただ前走日経賞で2着と好走、年齢による衰えも見られないし実力は確かで注意。

タマモベストプレイ
4/23 栗坂 52.0-12.1 一杯
4/30 栗坂 53.3-12.5 一杯

1週前に一杯でハードに追い切られて栗坂52.0-12.1と全体&終いで好タイムを記録。今週も終いで12.5の好タイムを記録。仕上がり良好で注意しておきたい。

フェイムゲーム
4/22 南W 67.8-12.9 一杯
4/29 南W 71.4-12.8 馬なり

1週前で南W67.8-12.9一杯。いつも速い時計を出してくる馬ではないだけにこの時計は評価すべき時計。今週は軽目の追い切りか速い時計ではなかったが1週前に良い動きをしていたし注意しておきたい馬。

サウンズオブアース
4/23 栗坂 54.2-12.4 一杯
4/29 栗CW(85.3)67.4-11.7 一杯

先週、今週と一杯での追い切り。今週は上がり11.7と終いで良い脚を披露。ただ内を回っての時計で少し物足りない感じ。ただ動き自体は悪くないし菊花賞で2着するなど京都コース・長距離適性はあるし注意はしておきたい。

ホッコーブレーヴ
4/23 南D 65.8-13.1 強目
4/29 南P 66.1-12.1 G前

今週南P66.1-12.1G前。昨年3着時は1週前:南D(81.8)65.7-12.4G前、最終:南P65.6-12.3馬なり。先週、今週と上々の動きだが昨年と比べると少し物足りないか。ただ前走日経賞では3着とまだまだ元気。7歳だが侮れない。

ラブリーデイ
4/23 栗坂 54.6-12.1 馬なり
4/29 栗坂 54.9-12.2 馬なり

2週続けて栗坂で上がり12秒前半と終いで良い脚。ただ全体時計が2週共に54秒台なのは少し気になるところ。年明けに重賞を連勝した時と比べると強調できない感あり。

クリールカイザー
4/22 南W(82.9)66.7-13.8 一杯
4/29 南W 68.1-13.3 馬なり

今週は馬なりでの追い切り。悪い動きではないが先週、今週と速い時計がなかったのは気になるところ。相手が強化される今回少し厳しいか。

フェノーメノ
4/22 南W(82.7)67.5-13.3 馬なり

3連覇がかかっていた今レースだったが本日出走回避の情報あり。今後に期待。

最終の調教評価は前日に更新します。→更新完了。
[sc:+α 下段 ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^