G2日経賞☆本命馬は…

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回はG2日経賞について予想していきます。

・過去データ・過去調教分析はG2日経賞過去データ+α&過去調教分析で公開しています。
・最終追い切り情報はG2日経賞最終追い切り情報で公開しています。

ではさっそく見ていきます。

[sc:adsense ]

G2日経賞好調教馬

今回最終候補に残った好調教馬は4頭
アドマイヤデウス
クリールカイザー
タマモベストプレイ
フェノーメノ

前回の過去データの記事で好成績だったのは、
先行馬もしくは中団の馬
前走有馬記念もしくはアメリカJCC組。

ここで2頭に絞込み。
クリールカイザー
フェノーメノ

正直この2頭どちらも本命にしたいところだが、オッズと現在の充実度を踏まえて予想しました!

[sc:ad2 ]

G2日経賞調教評価&予想
2015日経賞 調教評価

クリールカイザー
南Wでの追い切り。先週にかなりの好タイムを記録。今週も良い動きで気配良好。得意の中山で好走に期待。

フェノーメノ
こちらも南Wでの追い切り。2週続けて好タイムを記録。休み明けだがしっかりとした動きで緒戦から注目の存在。天皇賞に向けて無様なレースはできない。

アドマイヤデウス
先週に栗坂50.8-12.6一杯の好タイムを記録。今週も上がり12.2と良い脚を見せた。前走は日経新春杯を上がり最速で勝利。本格化の兆しも見え、ここを勝てば今後非常に楽しみな一頭になる。

タマモベストプレイ
先週栗坂50.4-12.7一杯。今週も栗坂上がり12.0と好タイムを記録。絶好の動きで仕上がり良好。現時点でオッズ的にも妙味あり、人気薄でも力はあるし注意が必要。

ウインバリアシオン
追い切りの動きを見る限り強調は出来ないが、昨年の勝ち馬、実績もあるし注意は必要。

ホッコーブレーヴ
南D追い切り。こちらも今レース昨年2着と好走。コース適性はあるし、7歳になった今回も無視はできない。

サウンドオブアース
先週栗CW上がり11.5の好タイムを記録。菊花賞以来と間は空いたが2週続けて6Fからしっかりと追い切りされていて仕上がりは良さそう。一級品の古馬相手にどこまでやれるか注目。

ステラウィンド
先週、今週と南Wで上がり12秒台の好タイムを記録。人気薄だが仕上がり良好で押さえてはおきたい。

注目馬が多数出走予定。
楽しみなレースになりそうです!

現在の順位は位です。
↓応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^