G3チューリップ賞☆~最終調教評価追記~最終追い切り!

スポンサーリンク

↓平場レース好調教馬はこちらから↓
3/7(土)☆好調教馬!

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回はG3チューリップ賞の最終調教評価です。

【G3チューリップ賞・最終調教評価&予想】
2015チューリップ賞 調教評価

【分析】
レッツゴードンキ
先週栗CWで破格の好タイムを記録。今週も上がりで12.1と好タイムを記録。やはりかなりの力の持ち主。前走G1阪神1600mで2着と好走。コース相性も文句なし、ここは負けられない、本命で。

ココロノアイ
先週南Wで6Fから追い切って好タイムを記録。良い動きを披露、久々だが好仕上がり。前走G1阪神JFでは惜しくも3着だったが力を見せつけたレースだった。今回も要注目。2番手で。

コンテッサトゥーレ
今週栗坂52.6-12.3一杯。全体&終い共に好タイムを記録。文句なしの好仕上がり。キャリア2戦でまだ何とも言えないがディープインパクト産駒で大物感あり。今回これからを左右するレースになりそう。3番手で。

ティーエスクライ
今週大外を回って栗CW(80.0)64.2-11.7一杯の破格の好タイムを記録。抜群の動き、今週のこの1本は非常に魅力。まだまだ力関係がはっきりしていない3歳牝馬戦。この馬が激走してもおかしくない。

こちらも素質十分の△クルミナル
栗坂上がり12.2を記録した△ウインソワレ
スタートに課題はあるが力は上位の△ロカ
先週に栗坂50秒台を記録した△ブチコ
上記の4頭を押さえで。

桜花賞トライアルで3着以内に入った馬は桜花賞に出走可能。
今後も左右されるレースで要注目のレースになりそうです。

↓以下は以前の記事です↓
↓チューリップ賞過去データ+αはこちらから↓
チューリップ賞過去データ+α

↓チューリップ賞過去調教分析はこちらから↓
チューリップ賞過去調教分析

今回はチューリップ賞最終追い切り情報を見ていきます。

【G3チューリップ賞・最終追い切り好調教馬】
※★:現時点本命・対抗・穴候補 ☆:現時点対抗・穴・押さえ候補
人気ブログランキングへ→1
2/26 栗CW(93.6-77.0)61.9-12.6 G前
3/4  栗坂 55.4-12.1 強目

人気ブログランキングへ→2
2/26 南W(83.7)67.3-12.8 強目
3/4  美坂 56.0-14.5 強目

ティーエスクライ
2/26 栗CW(89.9)72.1-13.0 馬なり
3/4  栗CW(80.0)64.2-11.7 一杯

ロカ
2/26 栗E   -14.9 ゲートなり
3/4  栗坂 52.9-12.5 一杯

ブチコ
2/25 栗坂 50.7-12.9 一杯
3/4  栗坂 53.5-12.9 強目

クルミナル
2/25 栗坂 52.9-12.2 強目
3/4  栗坂 53.2-12.5 強目

コンテッサトゥーレ
2/25 栗坂 53.0-12.3 強目
3/4  栗坂 52.6-12.3 一杯

アンドリエッテ
2/25 栗坂 55.8-13.0 馬なり
3/4  栗坂 53.9-12.5 強目

アスカビレン
2/25 栗坂 52.9-12.9 馬なり
3/4  栗坂 53.2-12.7 馬なり

ウインソワレ
2/25 栗坂 53.2-12.4 一杯
3/4  栗坂 53.1-12.2 一杯

【好調教馬分析】
人気ブログランキングへ→1は、今週強目での追い切りで栗坂上がり12.1の好タイムを記録。抜群の動きで好気配。追い切りの動きからも今メンバーで実力は一枚上手か、期待大。

人気ブログランキングへ→2は、美坂56.0-14.5強目。今週の美坂は全体的に時計がかかっていたし、特に気にする必要なし。こちらも実力上位で仕上がりも良好。怖い存在になりそう。

ティーエスクライは、栗CW(80.0)64.2-11.7一杯。大外を回って水曜日・栗CW全体5番時計の破格の好タイムを記録。終いも11.7と今週は先週と違い抜群の動き。この追い切りを見せられたら無視はできない。重賞実績はないが今回注目の一頭。

ロカは、栗坂52.9-12.5一杯。普段追い切りでは動かない馬だが今回は好タイムを記録してきた。先週ゲート練習もしていてスタートで出遅れさえしなければ通用の可能性十分。やはり有力の一頭になりそう。

クルミナルは、栗坂53.2-12.5強目。重賞経験はないがここ2戦は強い競馬で勝利。今回中3週での出走で休み明けの有力馬と違い使われている強みもあり。ディープインパクト産駒、まだまだ底を見せていないだけに無視できない。

コンテッサトゥーレは栗坂52.6-12.3一杯。全体&終い共に好タイムを記録。こちらも2連勝中のディープインパクト産駒。面白い存在。

アンドリエッテは、栗坂53.9-12.5強目。他の馬と比べると全体時計は少し物足りないが、終いは12.5と上々の動きで悪くない仕上がり。

アスカビレンは、栗坂53.2-12.7馬なり。馬なりで上々の好タイムを記録。新馬戦で阪神1600m勝利経験もありで注意はしておきたい。

ウインソワレは、栗坂53.1-12.2一杯。終い12.2と好タイムを記録。人気薄そうだが注意はしておきたい。

最終調教評価は前日に更新します。
オーシャンSの1週前追い切り・過去調教分析は最終追い切りと同時に更新します。

現在の順位は位です。

↓応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^